タレント派遣の「イベスタ盛り上げ隊」

「イベスタ」では、様々なイベント、お祭り、パーティー、披露宴などの“アトラクション出演者”を 安価でご紹介しております。 歌手、パフォーマー、ものまね、そっくりさん、イリュージョンなどなど・・・ 「イベスタ」おすすめのタレントで主催者共々、みんなで盛り上がってください。 「うちのイベントにあの歌手を呼びたい!」「パーティーにそっくりさんを呼びたい!」など、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ・お申し込み
タレント検索: 名前や「ジャグリング」「マジック」などのキーワードで検索できます。

浅野史郎

【プロフィール】
昭和45年厚生省入省。51年社会局老人福祉課課長補佐、56年年金局年金課課長補佐、58年同局企画課課長補佐、60年北海道民生部福祉課長、62年官房政策課企画官、同年児童家庭局障害福祉課長、平成元年社会局生活課長、3年厚生年金基金連合会年金運用部長を経て、厚生省生活衛生局企画課長。5年宮城県知事に当選。9年の知事選では政党推薦を拒否し、ボランティアを中心とした選挙活動を展開、話題となる。情報公開にも力を入れ、県の食糧費不正支出問題にメスを入れた他、捜査用報償費の文書開示を巡って県警と対立、報償費の適性執行に疑問があるとして県警予算の執行停止に踏み切った。3期務め、17年引退。同年12月東北大学大学院法学研究科附属法政実務教育研究センター客員教授、18年慶応義塾大学総合政策学部教授。19年東京都知事選に立候補。

【主な演題】
「地方が変われば日本の明日が変わる」
「これからの地方自治」
「みんなで支える地域福祉」
「今時の政局」
「少子高齢化の影響と対策」

【主な著書】
「許される嘘、許されない嘘」
「疾走12年 アサノ知事の改革白書」
「知事が日本を変える」
「誰のための福祉か―走りながら考えた」

★浅野史郎をお問い合わせフォームで費用やスケジュールを尋ねてみる。
疾走12年 アサノ知事の改革白書
疾走12年 アサノ知事の改革白書
Amazon.co.jpで最新情報を見る≫
知事が日本を変える (文春新書)
知事が日本を変える (文春新書)
Amazon.co.jpで最新情報を見る≫




イベスタについて | 利用規定・免責事項 | リンクについて | お問い合わせ
Copyright © 2003-2018 Asuka Promotion Corporation. All Rights reserved.